大阪の事故に対する取り組み

大阪における事故にたいする取り組みについて考察する。大阪では、引ったくり事故が全国ワーストワンとされてきて、不名誉な、記録をずっと更新してきてきている。しかし、ここ数年全国ワーストワンから、はずれ、ワースト2へと昇格という奇跡的なことがおこっていた。しかしながら、実態は、警察の実態隠しがあきらかになり、本当は、もっと多いということであった。では、おそらく交通事故もそういったことがあるのではないかと考えるのが普通で、実際そうだとすると、大阪の交通事故はもっと多いということになる。では、大阪での事故を減らすにはどうすればいいのか、ここは、行政や市民も、取り組んでいることがらではあるが、それだけでは解決するといえないだろう。したがって、事故を減らすために、無事故奨励金をいう制度をつくってみてはどうだろうか、反則金を原資として、無事故の方には、奨励金をわたすという仕組みである。大阪の人は、そういったことに対しては関心が高いので、事故がへるかもしれません。10年以上無事故無違反で1万円とかの奨励制度が確立されれば、大阪の交通事故はもっとへるかもしれません。大阪の人は、得すると思えば努力する性質があるため、そういったことに対しては、高い関心を持つでしょう。そして、結果的に事故が減れば、それに伴う出動コストが削減でき、さまざまなことで、プラスになり、大阪は日本一安全なまちになることを期待します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>