大阪の犯罪と事故の関係

大阪の事故と犯罪の相関関係について考えてみたいと思います。大阪は、日本では、犯罪件数などが、多いとされています。それは人口が多いのも関係しますが、犯罪の起こりやすい環境とういうのも考えられます。では、交通事故についてはどうでしょうか。これも、日本のなかでは、多いほうとされています。それは、町全体の規模もありますが、さまざまな要因で事故や犯罪がおこっています。そのなかで、どんな取り組みによってそれらを回避できるかを考えてみたいと思います。まず、大阪の高速道路は、非常に複雑でありながら、かなりのスピードで車が行き来しています。また、道幅も狭い高速どうろもあるため、回避がしみくいという側面もあるようです。そいったなか、高速道路での取り締まりについては、オービスなどの導入などにより、いっていの効果が出ていると思われますが、最近のナビゲーションはそういった取り締まり装置と連動して、情報をつたえるので、運転手は、安全速度をそのときだけ守るという行動をとることが多いのです。これは抑止力としてのはたらきとしては、それなりの効果がでていることとおもわれますが、そのときしか安全走行を行わないという、別の側面もあるということを認識しなくてはなりません。大阪においての交通事故を防ぐには、ナビゲーションをさらに進化させ、大阪弁で注意を促すという仕組みが合ってもいいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>