大阪の事故で学ぶべきこと

大阪で事故をしないための工夫を考えてみたい。あくまで工夫ということなので、ちょっとした小ねたとしてですが、まず、大阪で事故をしない工夫其の一、黄色信号ではとまらない。(だめですよーちゃんととまらないと)阪神タイガースのデコカーにする。クラクションは、エー加減にせーという言葉で表現。助手席には 大阪のおばちゃんをのせる。あめちゃんを配る。あと、なんでしょうね。いろいろ、考えてみましたが。そんな感じでしょうか。事故を防ぐのは、一人ひとりの注意とによって実現できるものです。したがって、自己中心的な行動はいつか事故を招く可能性を含んでいます。一旦停止などは、しっかりやったほうがいいでしょうね。結構、そのあたりがアバウトな運転手は結構いらっしゃるとおもいます。しっかり安全確認をすることによって、未然に事故が防げる可能性はあると思います。また、自転車についても同様で、交通ルールをまもった運転を心がけることが大切です。大阪だけのことではありません。しかしながら、まずは大阪が模範となれば、全国てきにも、事故が減らせる可能性はあるといえるでしょう。また、運転免許の自主返還もひとつの手かもしれません。運動能力反射能力がおちてくると、非常に危険です。勇気をもって返還することは、重要だといえるでしょう。そういうそういうみんなの工夫によって、少しずつ、大阪の事故がへるといいですよね。大阪は古来さまざまの交通拠点であったので、現代における模範の交通安全都市へとなることを応援していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>