100年後の大阪の交通事故

さて、100年後大阪における交通事故は一体どうなっているでしょうか。多くなるでしょうかそれとも、少なくなるでしょうか。私は、減るのではないかと思ってます。事故が減る理由として、道路網の整備や、自動車のさらなる安全装備があるような気がします。最近では自動でブレーキがかかる技術が注目されていますが、100年後と考えると、もっと、凄い技術によって、事故が防がれているのかもしれません。では、どういった技術が発展しているのでしょう。まず。現在でも既に実用化レベルにあるのは、居眠り運転を防止する技術なんかがあります。これは、10年以内には、普通にあるといえるでしょう。次に 自動運転技術になります。これも既に実験段階に入っており、交通事故や交通渋滞を防ぐ技術として、注目されており、アメリカを中心とした、起業が実用れべるにまで揚げてきているとされています。では 次にどんな技術ができてくるのでしょうか、事故予測システムなんかも登場するかもしれませんね、、数十メートルさきで事故を感知した場合、人間よりも早く回避行動を行うという仕組みです。そうすることによって、人間の反応よりも早く、反応することができ最適なアクセルブレーキを自分で判断し、回避行動にうつるというイメージです。もはや、SF的な発想かもしれませんが、すでに、こういった技術なんかも徐々には開発されているのまもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>