大阪での交通事故におもう。

最近の交通事故の重大事故の要因として、脇見運転があるとされている。脇見運転運転といっても、けっして、周辺の景色をみている訳ではない、大体の場合が、スマートフォンをみながらの脇見運転である。脇見運転でなぜ重大事故が起こるのか、それな、まったく、事故回避の行動をとらないからだとされる、つまり、ブレーキを全く踏まず、時速60キロの以上の状態から、前方の車に突っ込むという状況は当然非常に危険で、巻き込まれた方はたまったもんではない。高速道路においては、100キロ以上のスピードから、ブレーキを踏まずに前方車両に突っ込むとしう事故で、車は炎上することは、間違いない、先日も大阪の高速道路において、五台の玉突き事故があったとされるが、原因はやはり、スマートフォンによる脇見だったらしい、以前よりも、携帯電話による脇見運転は、よくあったことではあるが、スマートフォンの方が、メッセージなどのレスポンスがいいのでついつい脇見をしてしまう事がおおいとされる。こういった、事故を防ぐ為には、どうすればいいのだろうか、脇見運転による事故の罰則規定をきびしくするなどの対応がいるかもしれないし、操作できない仕組みをとりいれることも必要かもしれない。世の中の便利さは、新たな交通事故の原因を作っていることは間違いない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>